りそな銀行カードローンの特徴や審査通過準備の3ポイント

2015年12月04日 21時29分

りそな銀行カードローンは銀行特有の低金利での利用が可能であり、審査にクリアすれば様々な利点を活用出来るものですが、一般的に銀行は消費者金融と比べて審査が厳しい事で申込みを敬遠する方もいます。

りそな銀行では借入上限枠に応じた融資を行っている為に、ニーズに応じた利用が出来ますから審査には柔軟性があり、金融業者では属性や信用が審査クリアに重要な指標になっていますが、基本的には高収入で安定した職業の方は属性評価が高いですし、借金歴に傷が無ければ信用も高くなります。

アルバイトやパートの方は収入が低めで銀行審査に通らない可能性があると捉える方も居ますが、りそな銀行カードローンはバイトやパートの方でも利用している方が多く、カードローンの種類としてはプレミアムカードローンとクイックカードローンに分かれており、プレミアムカードローンの場合は年収400万以上の方が対象であり、クイックカードローンを利用するバイトの方は多いです。

コースや限度枠によって変わりますが金利設定は年3.5%から年12.475%の変動金利になっており、プレミアムの設定では限度額が800万円から50万円のコースと限度額に応じて10コースの設定があり、それぞれ金利設定が違ってきます。

クイックの場合は30万円から100万円の4つのコース設定があり、審査基準もプレミアムよりも柔軟で多くの方が利用出来ますから、用途に応じて選択する事が望ましいです。 いずれにしてもりそな銀行カードローンは様々な需要に応えるようにコース設定が細分化されており、審査通過の為の準備として3ポイントを絞るならば、属性、信用、返済計画が挙がります。 まずは審査に挑む前に返済出来るかどうかの返済計画は必須であり、金利設定から利息負担にかかる総額や返済完了までにかかる日数の計算等を行う事は重要であり、これは審査以前から計画を立てた方が返済時に延滞や滞納するリスクを防げますから重要な要素です。

借入よりも返済を意識する事はどのような金融業者を利用する時でも基本であり、業者によって細かく変わる審査クリア基準はありますが、基本的にはどこの業者でも属性と信用の確認で返済能力を認められればカードローン利用が可能になります。

属性は年齢、年収、職業、在籍年数、居住形態や居住年数等の要素を点数化していき、その得点が高くなる程有利になりますし、信用は借金履歴と考えても良いです。 借金利用してきた履歴は現在の借り入れ件数や過去の返済実績等が挙がり、支払等で延滞したり滞納を繰り返している方は信用情報に傷がついている可能性があり、これはカードローン審査の時に金融業者側がチェック出来る仕組みがありますから注意が必要です。