りそな銀行のカードローン審査で大切なのは主に2点

2015年12月04日 21時29分

りそな銀行は最大で800万円まで借り入れができるなど、非常に利便性の高いカードローンを提供しています。カードローンの審査は、どの銀行も明確な審査基準を公表しているケースはありませんが、ある程度のどの銀行でも共通している部分もありますし、過去の利用者の経験や申し込みのときに記入しないといけない情報をもとにある程度推測ができます。特に重要な審査基準は何か?というと、年収やその他のローンについてです。

年収はどの銀行でも重要でしょう。年収は多ければ多いほど良いものの、年収は高さよりもどれだけ継続的に安定した金額を得ることができているか?というのが重要です。年収自体は高くても、ある一時点の金額が高くて、年収を吊り上げているという状態よりは、年収自体はそんなに高くなくても、毎月ほとんど同じような金額で推移している方が望ましいのです。

サラリーマンの場合にはある程度毎月安定している可能性が高いですが、それ以外の働き方の人、たとえば自営業などでお金を得ている人は、サラリーマンよりは安定という部分について、やや劣るかもしれません。そして、ローンについては、今申し込みをしようとしているりそな銀行のカードローン以外に現在返済をしているローンがあるか?ないか?と言った問題、そしてそれがある場合にはどれだけ残っているか?という点が見られているのです。

代表的なものでいうと、車や家のローンというのがありえますが、そういった支払いが現在も続いていれば、そちらも同時に返済をしていかないといけないので、出て行くお金が多いためにちゃんとこっちの返済はしてもらえるんだろうか?という心配がどうしてもありますから、各種ローンの返済の有無、ローン残高といった部分については重要視されている可能性が高いと言えると思います。

厳密に言えば、これら以外にも審査のときに欠かせないポイントはありますが、特に重要なのはこの2点になるでしょうし、この2点がりそな銀行が求めている範囲に収まっていないと、審査には通らない可能性が高いでしょう。